Home> Archives > 2019年10月アーカイブ

2019年10月アーカイブ

三頭山

三頭山(1009.1m)-雨煙別コース

2019.10.14 丸山分岐 9:20~胸突き八丁~一頭山~二頭山~三頭山 11:00~丸山下山

国道275号の縁に「山頭山雨煙別登山口入口」の標識があります。

ここから林道に入ります。所々傾斜が急ですが、路盤が安定しているので安心です。

丸山分岐に駐車場があり、ここは政和コースとの合流地点でもあります。13年前は政和登山口から歩きました。

CIMG4373

「馬の背」を過ぎ、「見晴台」から三頭山の頂上手前の山容が見えてきます。

頂上は、ギリギリまで見えません。

CIMG4375

ここから尾根道は傾斜を増してきます。

「胸突き八丁」の標識がある辺りは、足場が少し不安定なので気を付けます。

薄く若干、靄がかかっていますが、大雪山から十勝岳まで見えます。

CIMG4379

奥の山が大雪山、真ん中少し右辺りが忠別岳

尾根の急登が終わると、やっと三頭山の手前の頂上が見えてきます。

三頭山頂上は、右の頂上のまだ奥にあります。

 

CIMG4383

一頭山の標識がある所で三頭山頂上が見えてきました。

CIMG4384

CIMG4386

頂上の標識が見えてきました。

CIMG4387

頂上は平坦な草原です。紅葉を楽しみながら下山し、「せいわ温泉ルオント」で汗を流し帰岩となりました。

CIMG4388

なお、幌加内の新蕎麦は食べられませんでした。ほとんどの蕎麦屋は、売り切れになるか午後3時には閉店しているからです。

CIMG4390

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ヘンデル: 王宮の花火の音楽

20191018082134

ヘンデル

王宮の花火の音楽
水上の音楽〔抜粋〕

ベルリン・フィル/クーベリック

独・DG/138864
独盤、ブルー・ライン・ラベル、1963年録音

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

浜益御殿

浜益御殿(1038m)

2019.10.13   
登山口 8:20S~浜益御殿 9:50~浜益御殿 11:15S~下山 12:45

幌から神社に向かう林道に入ります。立派な林道で、脇道が何箇所かありますが、勘で林道を進みます。

林道の途中に登山口の標識があり、車を脇に寄せ、出発。

CIMG4359

笹が広く刈払われた山道を進みます。台風の影響で風は結構強く、冷気も入ってきたようです。

冬用の帽子と薄い手袋を着用します。

CIMG4364

ほどなく頂上です。地図では標高は1038mと記載されていますが、頂上にあった標識は1039mと記載されていました。

CIMG4367

本日は、増毛山道の下見です。もう少し先に進むことにしました。

浜益御殿から雄冬山へ向かう山道です。コルまで下がります。

CIMG4368

雄冬山が雲の間から姿を現しました。

往復するには時間が足りないので、今回はここまでとし、来年、縦走することにします。

CIMG4371

帰り道で浜益岳も姿を現しました。

CIMG4372

右を見ると日本海です。縦走の起点は、幌ですが終点はどこにしようかと考えながらゆっくり下山しました。

CIMG4369

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ユーミー元町公園MS 空室情報

舗装完了

住所 岩見沢市元町2条東5丁目8-1

平成30年3月竣工

構造 鉄筋コンクリート造3階建

*1LDK 6戸 LDK 12.7帖

洋室 6.1帖

*3LDK 6戸 LDK 14.2帖

洋室B 5.7帖

洋室C 6.0帖

洋室D 6.3帖

 

 

10月22日現在、お客様転勤の為、3LDKの103号室が空室になっています。

即日以降入居可能です。

このマンションの全住戸には、光フレッツのインターネット配線が完備されており、入居者様は使い放題です。

また、居間にはエアコンが設置されています。

お問い合わせをお待ちしています。

また、他にも岩見沢市内に4棟のユーミーマンションがあります。ユーミーマンション.jpg

土地活用のユーミーマンションのHPはこちらをクリックしてください。

Ctrl キーを押しながらクリックしてください。

空室物件もありますのでお問い合わせいただければ、大変有難いです。

お問い合わせ先 日東建設㈱ ℡0126-22-1898 担当 近藤

                    E-mail: nitto@titan.ocn.ne.jp

北興不動産㈱ ℡0126-22-0917 担当 川原

続きはこちら

(↓)

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

司馬遼太郎: 翔ぶが如く(八)

  • 2019年10月10日 08:13

20191008081001

明治十年二月十七日、薩軍は鹿児島を出発、熊本城をめざして進軍する。

西郷隆盛にとって妻子との永別の日であった。

迎える熊本鎮台司令長官谷千城は籠城を決意、援軍到着を待った。

戦闘は開始された。「熊本城など青竹一本でたたき割る」勢いの薩軍に、綿密な作戦など存在しなかった。

圧倒的な士気で城を攻めたてた。

 

2002年5月10日 新装版第1刷
2017年9月23日 第16刷

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ラフマニノフ: ピアノ協奏曲第2番

20190917081131

ラフマニノフ

ピアノ協奏曲第2番
前奏曲op.23-No.4、op.32-No.5&12

リンパニー(p)/ロイヤル・フィル/サージェント

英・EMI/CFP167
英盤、白黒ラベル、1960年録音、再発

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

M.ハイドン: トランペット協奏曲

20190916081526

M.ハイドン
トランペット協奏曲
ホルン協奏曲
ヴィオラとオルガンのための協奏曲

アンドレ(tp)、バルボトゥー(hrn)、シャイエ(va)
アラン(org)/パイヤール室内管/パイヤール

仏・ERATO/STU70210
仏盤、ブルー・ラベル、1960年代前期録音

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

佐藤雅美: 御奉行の頭の火照り 物書同心居眠り紋蔵

20190928082334

剣術道場を開く、江戸のお騒がせ男め蟋蟀小三郎が、

南町奉行所の同心・藤木紋蔵を訪ねてきた。

借用証文わ偽造した嫌疑で牢に繋がれている弟子の父親を助けてほしいという。

紋蔵は、小三郎に知恵を授けるが、おかげで公事裁定を下した奉行の面目は丸潰れ。

奉行は烈火の如く怒り、紋蔵は失職の窮地に陥る。

 

2019年9月13日 第1刷発行

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

南アルプス 番外編

8月12日、私は昼過ぎから避難小屋で酒盛りをしていました。

夕方に赤石岳避難小屋のご主人が、「赤富士」が見えるかもしれないと皆さんにアナウンス。

残念ながら「赤富士」にはなりませんでしたが、同伴者が赤石岳から夕焼けを撮りました。

IMG_3864

12日の行程の一部、小赤石岳から赤石岳の稜線

続きはこちら
(↓)

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

マーラー: 交響曲第1番「巨人」

20190914082158

マーラー
交響曲第1番「巨人」
ロンドン響/ショルティ

英・DECCA/SXL6113
英盤、スモール・ラベル、1964年録音

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Index of all entries

Home> Archives > 2019年10月アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
購読
Powerd By

Return to page top