Home> コラム > ブックレビューアーカイブ

ブックレビューの最近のブログ記事

谷口克広: 信長と消えた家臣たち

20180424081451

信長は天下統一の過程で多くの配下の者を粛清した。

反逆が疑われる者は無論のこと、抜擢に応えられなかった者も容赦なく切り捨てた。

なぜ信長は周囲の理解を超えた過酷な処分を行ったのか。

一方、趨勢が明らかにもかかわらず、結果的に少なくない数の武将が叛旗を翻したのはなぜなのか。

着々と進む天下統一の裏で続いていた信長と家臣、そして恭順した大名たちとの駆け引き。

その生々しい局面から、信長の戦略と素顔に迫る。

2007年7月25日 初版

2016年5月30日7版

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

佐々木 譲: 武揚伝(中)

20180309081140

幕府艦隊は最新鋭の旗艦・開陽丸の艦長に榎本武揚を抜擢。

海軍力で薩長軍を圧倒するも、朝敵とされた徳川慶喜は抗戦に徹しきれず、

江戸城は無血開城する。

武装解除を逃れた幕府陸軍は、奥羽越列藩同盟への合流を図る。

一方、徳川家の海軍となった艦隊を率いる武揚は幕臣の務めを全うせんと苦闘するが-----。

 

2017年11月25日 初版発行

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

磯田道史: 日本史の内幕

20180224081536

西郷隆盛の性格は、書状からみえる。

豊臣秀頼の父親は本当に秀吉なのか。

著者が原本を発見した龍馬の手紙の中身とは。

司馬遼太郎と伝説の儒学者には奇縁があった。

2017年10月25日 初版

2018年1月5日 6版

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

井上 靖: 楼蘭

20180226082222

大国の漢と匈奴にはさまれた弱小国楼蘭は、

匈奴の劫掠から逃れるために住み慣れたロブ湖畔の城邑から新しい都城に移り、

漢の庇護下に入った。

新しい国歌は鄯善と呼ばれたが、人びとは自分達の故地を忘れたことはなかった。

それから数百年を経て、若い武将が祖先の地を奪回しようと計ったが-------。

 

昭和43年1月25日 発行
平成26年6月20日 63刷

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

泡坂 妻夫: 夢裡庵先生捕物帳(上)

20180222080853

絵馬の中の人物がまるで矢を放ったように見える殺しの現場の真相は----。

味競番付で上位になった店ばかり次々と強盗に襲われているが------。

砂を金に変える秘術をおらんだ人から教わったという者が持ち込んできた話とは。

空中楼夢裡庵こと八丁堀定町廻り同心の富士宇衛門が、

江戸の風物詩をめぐる不可思議で魅惑的な事件と対峙する。

 

2017年12月15日 初版

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

城山 三郎: 硫黄島に死す

20180221081734

〈硫黄島玉砕〉のニュースが流れた四日後、ロサンゼルス・オリンピック馬術大障碍の優勝者・西中佐は、

なお残存者を率いて戦い続けていた。

馬術という最も貴族的で欧米的なスポーツを愛した軍人の栄光と、

豪胆さゆえの悲劇を鮮烈に描いて文芸春秋読者賞を受賞した表題作。

 

昭和59年7月25日 発行
平成25年7月20日 41刷

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

佐々木譲: 武揚伝(上)

20180220081159

黒船来航に揺れる幕末。

榎本釜次郎(武揚)は、幕府要人の蝦夷地視察に随行した後、

新設の海軍伝習所に入所。

操船、蒸気機関等の技術や語学を研鑽し、オランダ留学を果たす。

欧州の地で近代国家間の戦争を目の当たりにした釜次郎は、

日の本と隔絶する列強諸国の有り様に驚愕する。

 

2017年11月25日 初版発行

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

佐藤 雅美: 悪足搔きの跡始末

20180219081835

江戸時代、兄もしくは甥の世話になっているものを「厄介」と呼び、

幕府の役人はそのまま公用語とした。

兄の都築孝蔵は六百五十石取りの旗本だが、親重代の借金があったため、

弟の弥三郎を他家の養子にできる大金をつくる器量はない。

厄介という身分に辟易し、家を出た弥三郎が拓く波乱万丈の凄絶な人生!

 

2018年1月16日 第1刷発行

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

井上 靖: 風林火山

20180108113047

自ら謀殺した諏訪頼重の娘由布姫を武田信玄の側室として、

子供を生ませることによって諏訪一族との宥和を計る独眼の軍師山本勘助。

信玄の子を生みながらも、なお一族の敵として信玄の命をねらう由布姫。

輝くばかりに気高い姫への思慕の念を胸にして川中島の激戦に散りゆく勘助の眼前に、

風林火山の旗はなびき、上杉謙信との決戦が迫る------。

 

昭和33年12月5日 発行
平成19年6月15日 92刷

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

青山文平: 春山入り

20180108112058

藩命により友を斬るための刀を探す武士の胸中を描く「春山入り」。

小さな道場を開く浪人が、ふとしたことで介抱した行き倒れの痩せ浪人。

その侍が申し出た刀の交換と、劇的な結膜を描く「三筋界隈」。

城内の苛めで病んだ若侍が初めて人を斬る「夏の日」。

 

平成29年5月1日 発行

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Next archives

Home> コラム > ブックレビューアーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
購読
Powerd By

Return to page top