Home> コラム > ブックレビューアーカイブ

ブックレビューの最近のブログ記事

井上 靖: 天平の甍

20180108105129

天平五(733)年、荒れ狂う大会を越えて唐に留学した若い僧たちがあった。

故国の便りもなく、無事な生還も期しがたい彼ら------

在唐二十年、放浪の果て、高僧鑑真を伴って普照はただひとり故国の土を踏んだ-----。

鑑真来朝という日本古代史上の大きな事実をもとに、極限に挑み、

嵐の中の木の葉のように翻弄される僧たちの運命を、

大きな歴史のうねりの中に鮮明なイメージで定着させた歴史小説。

 

昭和39年3月20日 発行
平成28年9月20日 112刷

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

安部龍太郎: レオン氏郷

20171120080009

織田信長に見出されて娘婿となり、その薫陶を受けて成長した蒲生氏郷。

世界とわたり合うために天下統一を急ぐ信長の下、活躍を続ける氏郷だったが、

長島一向一揆での惨劇を目にして心が大きく揺らぎ始めた。

そして本能寺の変が------。

茶人やキリシタンとしても知られる氏郷には、その器量を畏れた秀吉が毒を盛ったとの説も。

 

2015年11月24日 第1版第1刷

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

加藤 廣: 利休の闇

20171118080750

利休VS秀吉、最悪の結末までの真実とは如何に。

明日をも知れぬ戦国時代、信長と武将たちにとり、「茶」とは何だったのか?

天下を治めた秀吉がそれに変化を求めたがゆえの黄金の茶室と北野大茶会の理由とは?

そしてその変化を見抜くことができなかった利休の誤算とは。

 

2017年10月10日 第1刷

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

安部龍太郎: 彷徨える帝(下)

20171117081811

かつて今川了俊を謀反に導いた黒色尉の面は将軍足利義教の手に落ちた。

白色尉の面に操られた鎌倉公方足利持氏の反乱も義教に鎮圧される。

しかし、恐怖政治を強める義教にも苛烈な運命が待ち受けていた。

次第に明らかにされる能面の秘密、そして後醍醐天皇を怨念へと駆り立てた太古の記憶とは。

 

平成17年2月25日 初版発行
平成25年8月15日 3版発行

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

井上靖: 風濤

20171114081424

日本征服の野望を持つ元の世祖フビライは、隣国の高麗に多数の兵と船と食料の調達を命じた。

高麗を完全に自己の版図におさめ、その犠牲において日本を侵攻するというのがフビライの考えであった。

高麗は全土が元の兵站基地と化し、国民は疲弊の極に達する------。

大国元の苛斂誅求に苦しむ弱小国高麗の悲惨な運命を辿り、〈元寇〉を高麗・元の側の歴史に即して描く。

 

昭和42年3月20日 発行
平成24年11月10日 五十三刷

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

安部龍太郎: 冬を待つ城

20171115081059

小田原の北条氏を滅ぼし、天下統一の総仕上げとして奥州北端の九戸城を囲んだ秀吉軍。

その兵力はなんと15万。わずか3千の城兵を相手に何故かほどの大軍を擁するのか。

その真意に気づいた城主九戸政実は、秀吉軍の謀略を逆手に取り罠をしかける。

あとは雪深い冬を待つのみ-----。

 

平成29年10月1日 発行

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

井上 靖: おろしや国粋夢譚

20170920080530

1782(天明2)年、伊勢白子の浦を出航した神昌丸は、暴風のなかで舵を失い漂流、

船頭・大黒屋光太夫と16人の船乗りたちは、アリューシャン列島の小島へ漂着した。

厳寒のシベリアを往来し、10年の月日の後に故国の土を踏めたのはただのふたりだけ。

逆境のなかで見せた光太夫の不屈の意思とリーダーシップ。

 

2014年10月10日 新装版第1刷

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

安部龍太郎: 彷徨える帝 (上)

20170922080802

足利尊氏が幕府を開いてすでに百年、交互に天皇を立てるとの誓約は破られ、

南北朝合体後も逼塞を余儀なくされた南朝方は、秘かに再起を期していた。

北畠宗十郎は、その切り札となる後醍醐帝の能面入手を命じられる。

一方、その秘密を知る将軍足利義教は、朝比奈範冬に能面奪取の密命を下す。

幕府を崩壊させるほどの力が込められた能面の秘密とは?死闘の幕が開く!

 

平成17年2月25日 初版発行
平成25年8月15日 三版発行

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

澤田瞳子: ふたり女房 京都鷹ケ峰御薬園目録

20170921081736

京都鷹ケ峰にある幕府直轄の薬草園で働く元岡真葛。

ある日、紅葉を楽しんでいると侍同士の諍いが耳に入ってきた。

「黙らっしゃいツ!」----なんと弁舌を振るっていたのは武士ではなく、その妻女。

あげく夫を置いて一人で去ってしまった。

真葛は、御典医を務める義兄の匡とともに、残された夫から話を聞くことに------。

 

2016年1月15日 初刷

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

永井路子: 乱紋(下)

20170919081115

天がめぐろうとしている。権力をほしいままにした秀吉の立場に影がさしはじめた。

そんな折、おごうは三度目の花嫁となった。

嫁ぎ先は、徳川家康の嫡子、二代将軍となる秀忠------。

秀吉の死、関ヶ原の戦いと歴史の大きな転換期に到達した時、

お茶茶とおごうは、姉妹で日本を真っ二つに分けて対決する両陣営の頂点にいた。

 

2010年8月10日 新装版第1刷
2010年11月20日 第4刷

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Next archives

Home> コラム > ブックレビューアーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
購読
Powerd By

Return to page top