Home> コラム > 山行記録アーカイブ

山行記録の最近のブログ記事

美比内山

美比内山(1071m)

2017.2.19
駐車場7:00S~頂上直下9:40~下山11:00

天気予報では、午前中まで風と雪が残るということでしたが、晴れ。

CIMG2091

今回も豊羽鉱山のゲート前に駐車させて頂きました。有難うございます。

駐車帯のすぐ裏の尾根に取り付きました。取付きは木々が込んでいて登りづらいのですが、尾根上に出れば、楽になります。

CIMG2090

前日までの雪が、膝下まであります。新雪の上をスキーで気持ちよくラッセルです。

CIMG2092

美比内岳の稜線が見え始めてきました。

CIMG2094

 

CIMG2099

 

CIMG2093
頂上稜線への尾根取付

 

稜線の雪庇が確認されます。数箇所で雪崩も起きているようです。

CIMG2096

 

CIMG2097

頂上直下です。雪庇が迫ってきます。また、急勾配のうえに、結構雪が深く、クラストした上に雪が乗っています。

雪崩を誘発したら、下から登ってくるメンバーに迷惑がかかるので、北へ延びる出尾根にトラバースしましたが、

トラバースするスキーの足元から、雪面が切れたようでした。

頂上まで、ほんのわずかの距離でしたが、今回は我慢して下山します。

CIMG2098
真ん中の木々の付近が頂上。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

百松沢山

百松沢山(1043m)-宮城沢コース

2017.2.4
手稲平和霊園前6:55S~コル10:25~百松沢山北峰11:15~南峰11:40~下山

10年前以上に源八沢コースから登りましたが、現在は麓にスノーモービルランドができて、登れないようです。

今回は手稲平和霊園から宮城沢林道を進み、宮城沢から登りました。

CIMG2069
宮城沢林道、正面は阿部山

 

砂防ダムを何回か見ながら林道を進みます。トドマツの植林帯を抜けると、沢は少し深くなり、二股に着きます。

今回は左股から登り、右股から下りてくる計画です。

左岸に渡ったり、右岸に渡ったりしながら、適当な尾根を選んで登りました。

少し急な尾根を我慢して登ると、広い尾根に出ます。

コルから頂上直下の急な尾根を登りきると、標識のある北峰である。

登高

 

北峰

 

 

 

本日は天気もよく、暖かいので一息入れて南峰まで足を延ばす。

南峰
南峰

 

南峰から神威岳と烏帽子岳は指呼の距離である。

CIMG2071
烏帽子岳

 

北峰に戻り、下山を開始するが、少し早く降りすぎて、予定の尾根を間違えてしまう。

余市岳+定天
真ん中奥が余市岳、その左手前が定山渓天狗岳

特に問題もないので、この尾根を下ると、取付いた尾根の上部の沢に出た。

結局、左股から左股になった。

頂上直下には、良い斜面があったが、他は木が込み入っていて、スキーの面白さを楽しむことはできなかった。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

大沼山

大沼山(1111.6m)
2017.1.22
登山口8:15S~大沼山10:35

地形図には名前が載っていませんが、1111.6mピークを一般的に大沼山と言っているらしい。

豊羽鉱山のゲートの前に車を駐車させて頂き、ヘアピンカーブから登り始める。

IMG_1813

本日は、満員盛況である。スノーシューの人が多い。

視界はきくが、高曇りの中を出発。

IMG_1814
上り口

すぐに学校尾根と呼ばれている尾根に取り付く。若木が多い若干歩きにくい。。

CIMG2060

790mの平坦地まで疎林の中を行く。後ろを振り向くと、定山渓天狗岳が厳しい姿を現している。

IMG_1817
定山渓天狗岳

 

875mピークは、右を巻く。

CIMG2063

1000m前後は、少し急勾配になるが一気に登りきれば、頂上である。

頂上から千尺高地が見えたが、無意根山は雲の中である。羊蹄山も残念ながら雲の中。

CIMG2065
千尺高地から無意根岳方面

IMG_1823
羊蹄山も雲の中

IMG_1824

頂上で記念撮影をし、定山渓天狗岳を見ながら、スキーで一気に下山する。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

蘭越幌別岳

幌別岳(892.3m)東尾根コース
2017.1.3
最終人家6:40S~尾根取付8:15~幌別岳10:45~下山13:00

前日、蘭越目名町の最終人家の納屋の前に車を止めさせていただく。

高曇りの中、雪に埋もれた道を出発。

CIMG2041

田んぼの中の道をひたすらスキーを滑らせて尾根の取付を目指します。

尾根の取付きは若干急であるが、少し我慢してジグを斬ると、479m地点からは傾斜がゆるくなる。

CIMG2043
尾根取付

540mピークから少しの距離だが、左側が切れているので慎重に進む。

雪庇がつくと、どのようになるのでしょうか?

視界が利けば、幌別岳が見える位置ですが、雪が降ってきたので、本日、頂上は最後まで姿を現さなかった。

 

CIMG2045
左側が切れている。

 

CIMG2046
651m手前、少しクラストしてくる。

 

651mピークから尾根は広くなり、帰りのスキーが少し楽しめそうです。

右からの尾根(北尾根)が合流すると、頂上はすぐそこである。

 

CIMG2054
ひだり方向、雪の中が、幌別岳

 

CIMG2051
幌別岳頂上

帰りの林道は、傾斜があるので思ったほど時間がかからず、車中の人となる。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

八内岳

八内岳(943.6m) 東尾根コース
2016.12.31~2017.1.1
2016.12.31
林道入口9:35S~尾根取付10:15~793.2m反射板13:00C1

過去に三回、八内岳に挑戦しましたが、悪天候の為撤退しています。

今年は天候がよさそうで期待していました。予想通り晴れの中をスタート。

CIMG2020
林道入口

前回までと違って、今回は林道をヘアピンカーブまで詰めて尾根に取り付きました。

CIMG2023
793.2m峰

まだ、雪が少なくブッシュがうるさい疎林の尾根をひたすら反射板を目指します。

CIMG2024

反射板付近は風が強く、硬い雪面です。少し下がって風の弱いところでテントを張って、C1としました。

CIMG2026

 

CIMG2027
反射板

 

CIMG2029
C1

天候は高曇りですが、793.2m峰から八内岳が見えました。

2017.1.1
C1 7:00S~690mコル8:00~八内岳9:40~C1 11:30~下山13:30

反射板からの下りの尾根は広く、視界が利かないと間違えそうです。

IMG_1772
広い尾根

CIMG2030
左奥が目指す八内岳

 

下ってからは尾根がはっきりしており、視界も利き、標識テープもつける必要がありません。

CIMG2031
中央が八内岳

途中から風が出てきましたが、859m峰を右から巻くと、八内岳はすぐそこです。

IMG_1782

 

IMG_1783
八内岳手前

CIMG2037
八内岳頂上

頂上は広く、展望が利きます。天候に恵まれ、予想より短時間で八内岳に着きました。

CIMG2039
岩内港

スキーが楽しめるようなコースではありませんでした、登りがいのある山でした。

機会があれば、他のコースから登ってみたいと思います。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

大黒山・恵比寿山

大黒山(724.9m)・恵比寿山(723m)

2016.12.25
駐車場7:30S~大黒山11:10~駐車場下山13:25

多くの人は仁木町側から登っているらしいが、今回は赤井川村側から登ることにした。

冷水トンネル出口の駐車場に車を置き、旧道の適当なところから山に取り付く。

CIMG1999
駐車場

 

登っていくと、再度りっぱな旧道に出る。横切ってからじょじょに傾斜が急になる。

CIMG2000

疎林の中をジグを切って登ると476mである。

CIMG2002

 

CIMG2003
木々の向こうが520m峰

476mからは、ほぼ西になだらかな尾根筋を520m峰を目指す。途中、コルで丸々と太ったうさぎを見つける。

残念ながら写真は撮り逃がしました。

CIMG2005
うさぎの寝床

 

地形図の723mを恵比寿山と呼んでいるらしいが、520m峰からは結構大きく見える。

CIMG2018
723m恵比寿山

CIMG2011

723mに恵比寿山の標識があるということだったが、今回は残念ながら発見できなかった。

723mからの尾根の下りは、少しブッシュがうるさい。展望が利けば、

北側の沢へ向かってトラバース気味にコルを目指したほうがスキーが面白いと思う。

CIMG2010

また、723mから大黒山を見ると、遠くに感じるが実際は30分もかからず右から回り込んで、大黒山の頂上である。

CIMG2014
大黒山頂上手前

CIMG2015
大黒山標識

CIMG2017
余市の町並みと余市港

 

この山は下山のスキーが楽しい。恵比寿山から520mまで十分にスキーを楽しみ下山する。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

風不死岳

風不死岳(1102.5m) 楓沢コース
2016.11.6

楓沢入口7:40S~楓沢源頭11:00~風不死岳13:30~北尾根下山15:10

北尾根登山口に車を置き、楓沢入口(紋別橋)まで小雪の中を歩く。

CIMG1960

雪がうっすらと積もった枯沢の両側は、コケがびっしり生えていました。

CIMG1961

CIMG1963

CIMG1967

CIMG1968

 

 

2、3箇所右岸を高巻きます。高巻きは、どこも急勾配です。雪が付いているので慎重に。

CIMG1966
高巻き

登るにつれて、ただの枯沢になり、風不死岳手前の山なみが見えてきます。風不死岳ではありません。

沢を詰めると樽前山と風不死岳との縦走路に出る。

CIMG1971
源頭から右の尾根へ

後は、963m付近の岩場を慎重に登り、何度かニセピークに騙されながら、我慢してひたすら歩く。

CIMG1978
岩場にはロープがセットされています。

CIMG1981

 

CIMG1985
風不死岳

最後の登りは一息です。

目の前の恵庭岳は、雲の中でしたが頂上で景色を楽しみ、北尾根を下山する。

CIMG1986
樽前山

 

北尾根は8合目まで、急傾斜であった。昨夜の雨が凍り、所々アイスバーン。

CIMG1989
北尾根


若い頃、5月の連休に下った大沢を右手に見ながら下山する。

当時は北尾根コースはありませんでした。

CIMG1991
下山した北尾根の登山口

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

カムイヌプリ~鷲別岳(室蘭岳)

カムイヌプリ(750.1m)~鷲別岳(室蘭岳)(911.0m)
2016.10.23
  カムイヌプリ登山口7:15S~カムイヒュッテ8:05~カムイヌプリ8:50~滝沢口9:45~鷲別岳(室蘭岳)10:40~室蘭岳登山口下山12:00

川上公園を過ぎると左にカムイヌプリ登山口の看板があります。気をつけないと見落とす。

この看板から林道に入る。3km弱で3合目の登山口に着きます。

CIMG1930

何回かわずかな渡渉をしますが、基本的には沢の左岸に登山道は着いている。

1時間も歩かないで、カムイヒュッテに着く。ここにはトイレも併設されていました。

 

CIMG1931

 

 

 

CIMG1933

 

ここから少し急勾配になり、1ヶ所岩場がありますが、フィックスが付いているので、慎重に登れば問題ありません。

CIMG1934

 

カムイヌプリの頂上から室蘭港の景色を楽しみながら、休憩です。

CIMG1941

 

少し薄い紅葉を楽しみながら、若干細い稜線をコルまで150m下ります。鷲別岳が大きく見えます。

CIMG1944[10]

CIMG1942
鷲別岳(室蘭岳)

コルから笹薮の登山道を約300m登ります。我慢して約1時間歩けば、左に反射板が近づき、右に折れるとでっかい看板がある室蘭岳です。

 

CIMG1951

 

本日は少し肌寒かったのですが、天気が良かったので白鳥ヒュッテの南尾根コースから多くの登山客が登って来ました。

皆さん、頂上で鐘を撞いて、わいわいがやがや言いながら、下山しました。

CIMG1956
カムイヌプリ方面

 

CIMG1955

CIMG1957

CIMG1958
白鳥ヒュッテ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

オプタテシケ山

オプタテシケ山(2012.7m) 美瑛富士避難小屋コース
2016.10.8~10.9
10.8 山道入口 6:10S    避難小屋 10:10~オプタテシケ山 13:10~避難小屋15:10 
  10.9 避難小屋 6:40S ~下山 9:20

駐車場に車を置き、造材道への分岐に戻る。登山届けを出し、造材道をしばらく歩くと、登山道の取付きである。

002

006

取付は急であるが、すぐに緩斜面となり笹原から針葉樹の森となる。

007

 

美瑛富士を巻くように登っていくと、「日本庭園」に出る。いつもはナキウサギの声が聞こえる。本日は雪景色であるが、紅葉の時期は見事です。

森林限界を過ぎると、傾斜が急になり、水無川の源頭部である。この急斜面を登りきると、避難小屋が見えてくる。

 

009
遠景は表大雪方面。

避難小屋に荷物をデポし、オプタテシケ山に向かう。

029

010
後ろは、ベベツ岳

012
エビのシッポ

名前の通りの石垣山と双耳峰のベベツ岳を超えるとオプタテシケ山が、大きく立ちはだかる。

025

途中、雪で縦走路を何回か見失うので、標識テープを取り付ける。

西峰にいったん登ってから又下り、

再度登ればオプタテシケ山の頂上である。

 

 

014

016
十勝岳方面

019

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

敏音知岳

敏音知岳(703.2m)

2016.9.25

登山口S6:00~頂上 7:45~下山 9:00

  道北の道の駅ピンネシリの横が登山口。鳥居をくぐって登山が始まります。

CIMG1891

CIMG1892

登山道は丸太作りの階段から始まる。なだらかな山道を歩いていくと、ほどなく小さな沢に架かる「カッコー橋」を渡ることになる。

CIMG1894

CIMG1896
カッコー橋

しばらくトドマツ林の緩やかな斜面を歩く。

CIMG1897
根元から多数に分かれたシナノキ

 

途中「千本シナ森の巨人たち」の看板があり、根元から多数に枝分かれしたシナノキが現れる。この山は樹種が多いのか、いろいろな木に樹名の札が付いている。

傾斜が急になると、ジグザグ登りになります。

CIMG1899

斜行を繰り返すと最後に「軍艦岩」とその看板を目にする。軍艦岩はそれほど大きくないが、鉄製の階段が架かっており、登ることができます。

CIMG1901
軍艦岩

 

ここから尾根稜線です。尾根の左右から風が吹き、稜線もしっかりしており、歩きやすい。1ヶ所ロープが張ってある処があるが、全く問題ない。

いつの間にか山頂に着く。すぐ横に祠が祭られている。札幌三吉神社の御札が祭られていた。

CIMG1903
頂上手前

CIMG1904
敏音知岳頂上

CIMG1909

頂上は360度の展望だが、本日は残念ながら利尻山は見えなかった。

帰りにどこの温泉に入るか、思案しながら下山する。

CIMG1905
真ん中の鋭い山が鬼刺山

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Next archives

Home> コラム > 山行記録アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
購読
Powerd By

Return to page top