Home> 住まいのギャラリーアーカイブ

住まいのギャラリーの最近のブログ記事

Iwami house part.10 新築中No.10

屋根の笠木下地の取付にかかりました。

P7070023

 

P7070026

この住宅の設計仕様では、野地板の上に発泡樹脂板の断熱材を施工することになっています。

厚みは20㎜です。

 

P7080053

屋根葺材料の下地として、結露水や湿気をを防ぐために、アスファルトルーフィングを敷きます。

アスファルトルーフィングとは、有機天然繊維を主原料とした原紙にアスファルトを浸透、被覆し、表裏面に鉱物質粉末を付着させたものです。

重ね幅は、100㎜です。

P7080056

金属板ぶきの材料は、一般では0.35㎜ですが、今回は設計仕様で0.4㎜のガルバリウム鋼板と指定されています。

施工状況です。

P7100084

一階では、大工さんが構造用合板の上に付加断熱材の発泡樹脂板を貼っています。

厚みは20㎜です。

P7120005

本日は、上棟式です。紅白の幕をひきまわし、祭壇の上に三方を置き、供え物を用意しました。

上棟式は、「むねあげまつり」ともいわれ、棟木を棟に上げる際に、家屋の守護神、工匠の神に、これまで工事が無事に進んだ感謝と

竣工に至るまでの加護を祈願し、また、今後長く、禍なく、幸多いことを祈る祭事です。

しかし、祭事のときに雨が降る場合もあるので、弊社では屋根工事が終了してから行っています。

P7120008

神官が祝詞を奏上しています。

P7120022

上棟式は、本来、工匠のお祭り、慰労が主であり、一般の民間家屋では夕刻に行われ、棟上が終われば、

その下で材木に腰掛け、薄明かりの下で、頭領の音頭で歌をうたい、飲み食いしたのが、直会です。

しかし、現在は社会環境の変化により、直会はほとんど省略しています。

お供えの神酒を頂き、神官の祝言葉で乾杯し、お施主様からご挨拶をいだき、

お施主様からの引き出物を戴いて、上棟式を終わらせて頂きました。

P7120039

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Iwami house part.10 新築中No.9

2階の建て方に移りました。

P7010125

クレーンを使って横架材を荷揚げしています。

P7030133

2階の柱と横架材を接合しています。

接合金物は、それぞれの接合箇所によって決められています。

P7030142

雨にあたっても、床下地材の構造用合板が濡れないように、特殊シートで養生します。

P7030154

2階がだいぶ組み上がってきました。

P7040168

接合部の金物取付状況です。部位によって変わりますが、柱と横架材は主にTANAKAKのフラットプレートSDを使用しています。

P7040163

同じく、フラットプレートを取り付けています。

P7040165

組立状況です。

P7040197

2階が組み上がったので、3階の建て方に移っています。

P7040201

3階の小屋裏状況です。梁材はすべて集成材を使用しています。

また、小屋組の隅角部に火打ち金物を取り付けています。

P7050221

あらかじめ設計で決められている箇所にホールダウン金物を取り付けています。

主に、基礎と柱脚の緊結、柱と横架材の緊結、上下階の柱相互の緊結に使用します。

種類として、15kN用・20kN用・25kN用・35kN用などがあります。

P7040171

 

P7050223

お施主様に施工状況を確認してもらっています。

また、窓の位置、取り付け高さなどの確認もしています。

P7060001

3階屋根の笠木の下地を取り付けています。

P7060003

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Iwami house part.10 No.8 新築中

基礎が完成したので、いよいよ躯体を建て始めます。

今回の住宅の木材は、製材工場でプレカットした材料を使用しました。

P6270062

まず、土台と1階の柱材、梁材等を搬入しています。

P6270065

外部足場の組立を行いました。

P6280112

基礎に土台の墨出しを行い、躯体の位置を確定します。

P6280115

土台寸法の確認です。土台は加圧式保存処理した防腐土台を使用します。

P6280122

土台敷き状況です。

P6290005

1階の柱を組み立て始めました。

P6290017

1階の柱の頭繋ぎや梁材の接合にかかっています。

P6300054

重たい材料は、クレーンで荷揚げです。

P6300041

2階の床張りです。床下地材は構造用合板t24、さね加工材です。

P7010101

釘は川の字型に打ち、間隔は外周、中通りとも150㎜です。また、釘はN75またはCN75を使用します。

P7010123

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Iwami house part.10 No.7

コンクリートの養生期間を確保したので、基礎の立上り枠の解体にかかります。

P6030013

枠を固めていた単管をはずし、脱枠します。

P6050034

解体状況です。

P6050045

次に脱枠が完了したので、基礎の埋め戻しにかかりました。

この住宅の1階部分は、スラブ床と土間床なので指示された設計寸法まで埋め戻します。

P6080033

基礎のでき形の確認をしています。

P6090040

埋め戻しが完了したところから、切込砂利地業を行っています。

設計図書で切込砂利の厚さは150㎜と指定されています。

P6100065

ランマーで切込砂利を転圧しています。

P6100066

次に切込砂利の上に発泡樹脂板で断熱し、土間の鉄筋を施工しています。

P6130010

土間の配筋が完了したので、検査を実施しました。

鉄筋はD10でタテヨコ@200です。

P6140020

土間コンクリートの打設にかかりました。

P6150047

打設が完了しました。

左官屋さんが土間を均等に均しています。

見た目より、結構大変な作業です。

P6150053

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Iwami house part.10 新築中No.6

基礎のベース枠をはずしました。

P5220078

次に基礎の立上りの墨だしかかります。

P5240095

 

P5240158

布基礎の立上りの厚さは120㎜以上とします。この写真の部分は150㎜です。

外枠を立て始めています。今回の住宅は基礎断熱で、設計で断熱材は発泡樹脂板50㎜と指定されています。

P5240163

断熱材を取り付けています。

P5250173

基礎の全体が固まってきました。単管で枠を締めています。

P5300268

基礎の立上り枠の取付が完了したので、検査員が確認作業にかかっています。

P5310021

 

P5310054

基礎の立上り枠の検査に問題がなかったので、立上りコンクリートの打設にかかりました。

コンクリートは、JIS A 5308に規定されたレディーミクストコンクリートを使用することに決められています。

呼び強度及びスランプは、特記によります。

P5310073
打設状況です。

P5310084

基礎の立上りコンクリートの打設が完了しました。

天端を均しているところです。

P5310087

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Iwami house part.10 新築中 No.4

杭打工事が完了しましたので、基礎工事の根伐にかかりました。

P5090075

重機と人力により根掘りします。岩見沢の凍結深度は60cmなので、少なくともそれ以上掘らなければなりません。

中心市街地なので、古い水道配管などが出てきて苦労します。

P5090095

根掘りが完了したところから、切込砂利地業にかかります。

プレート又はランマーで締め固めします。

P5100135
コンクリート杭頭が見えます。ほぼ予定の深度まで打設されているのが分ります。

根伐状況です。隣地と近接しているので、簡易ですが土留めを設けています。

P5110150

建物の奥のほうは、水周りの配管が集まるので、ピットにするため、ほとんど総掘りになります。

P5120155

 

根伐が完了したので、捨てコンクリートの打設です。

P5120163

捨てコンクリートの打設後、コンクリートの乾き状況みて、基礎の墨だしにかかりました。

P5130175

正確に基礎の位置を出さないと、躯体に影響するので、慎重に作業を進めています。

P5130177

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Iwami house part.10 新築中 No.3

地鎮祭が終了したので、基礎工事にかかります。

まず、杭の打設です。

弊社では、オチパイルの住宅用コンクリート支柱杭を採用しています。

P5010006

杭打ち機の搬入です。

P5010007

杭の外径及び長さの確認をします。

P5010012

杭芯の位置に杭を建て込みます。

P5010015

杭の打ち込みを開始しました。

P5020029

杭を次々と打ち込みます。この工事では、径200φのコンクリート杭を81本打設しました。

P5020042

打設が完了しました。重機を搬出して土工事にかかります。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Iwami house part.10 新築中 No.2

建築工事においては、地鎮祭、上棟式、竣工式等々の諸儀式が行われています。

わが国においては、一般に建築の儀式は神式で行われます。

弊社では1度だけ仏式で行ったこともあります。

儀式は神に祈り、人々とともに喜びあい、そして、親戚、知人、知己と喜びを分かち合うことですので、

家を建てるということは、人生に何度もあることではないので、行ったほうが良いと思うのですが、

残念ながら最近は少ないようです。

本日は、地鎮祭です。時間の関係上、略式で行いました。

 

 

P4270017

祝詞奏上です。この間、参加者全員、深く頭を下げ、祝詞を奏上する神官につれて、自らも願いを捧げるものです。

P4270026

切麻散米の儀(きりぬささんまい)

P4270028

苅初の儀(かりぞめ)設計者側の代表が鎌で三度草を苅る。

P4270029

穿初の儀(うがちぞめ)施主側の代表が鍬で三度掘る。

P4270031

続いて、建設業者の代表が三度鋤で砂をすくう。

P4270033

次に、玉串奉奠の儀を執り行います。

P4270034

順次、玉串を奉奠してもらいます。

P4270039

P4270050

全員が玉串を奉奠します。最後に斎主が昇神の詞を奏上します。以上略式ですが地鎮祭を終了します。

次に直会の儀に移ります。神酒で乾杯します。

P4270052

施主、設計者、施工者がそれぞれ挨拶し、最後に手締めで終了しました。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Reform Case 10 木造住宅耐震改修工事No.4

ここからは、一般の外壁改修工事と同じです。

外壁に透湿防水シートを張り、外壁材の木下地を施工したので外壁材を張り始めます。

東面サイディング下地

西面サイディング

今回の住宅の外壁材は、窯業系サイディングにしましたが、重さはモルタルの1/2以下の軽い外壁材です。

施工前の住宅より、総重量が抑えられていますので、地震時の建物の負荷が小さくなっています。

サイディング張り東面

弊社では、窯業系サイディングでは、「クボタ」と「松下電工」の住宅外装部門が事業統合した「ケイミュー株式会社」の外装材を採用しています。

特に北海道は外壁材の凍害に気をつけなければなりません。

ケイミューの外壁材の中でも、クボタ系のセラディールが凍害に強いと思います。

今回は、セラディー・親水14「クローフ14」を採用しています。

北面サイディング

1階部分と2階部分を色分けして、施工しました。

CIMG2463

なお、軒天もすべて張替しましたので、小屋裏換気として軒天換気部材の日本住環境の「イーヴィスベンツ」を使い、軒天をすっきりさせています。

又、施工完了後、小さな地震が何回か発生しています。

昭和56年以前の住宅で、外壁を張り替える計画をお持ちの方には、外壁の耐震改修をお薦めします。

岩見沢市では、耐震改修の費用に一部助成金を出しています。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Refom Case 10 木造住宅耐震改修No.3

劣化部材を取替、筋かいを入れ直し、耐力壁を設け、接合部を接合金物で補強したので、

外壁に構造用合板を張り、基準耐力をアップさせます。

構造用合板は9㎜以上を使用します。

東面合板張り

構造用合板を張る前に、外壁の断熱改修も行いました。

高性能グラスウール100㎜を充填断熱しました。

CIMG2262

構造用合板に使用する釘とその間隔も決まっています。

釘はN50、四周打ちで間隔は@150㎜です。

釘間隔

合板張り北面
構造用合板張り施工状況

外壁の構造用合板を張り終えたので、透湿防水シートを施工します。

CIMG2310

次に外壁下地の施工にかかりました。

外壁下地北面

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Next archives

Home> 住まいのギャラリーアーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
購読
Powerd By

Return to page top